カテゴリー
お仕事

お客様にイメージとちがう…とガッカリされないように心掛けていること

この記事の内容

  • お客様にイメージとちがう…とガッカリされないように心掛けていること

こんな人に読んでほしい

  1. お客様に『イメージとちがう…』と言われた経験がある方。
  2. お客様の思っているイメージを理解できずに困っている方。

クリモト
クリモト
そういう私も、「あ、こういう意味だったのね…」と、お客様の意図を読み取ることができず、手間を取らせてしまった経験たくさんあります…。
クリモト
クリモト
そんな私が実際やってみた方法を書いていこうと思います。合う合わないあるとは思いますが、ひとつの情報として活用していただけたら嬉しいです。

お客様にイメージとちがう…とガッカリされないように心掛けていること

1. 整理する。

要望をそのままイラストに反映させない。
まずは要望を整理します。『こんなイラストを描いてください』と文章や資料をいただいき、要望どおり描き、提出。提出後、こんな経験ありませんか??

2. 把握する。

確定していない情報でかかない。要望を把握して、イメージのすれ違いがなくなるように心がけます。

3. 提案する。

イラストをそのまま送らない。すれ違いがないように、要望・制作意図を提案書にまとめます。

この記事のまとめ

    • 要望を整理して、描くために必要な情報が揃ってるいるか確認します。
    • 要望を把握して、イメージのすれ違いがなくなるように心がけます。
    • すれ違いがないように、イラストは要望・制作意図を提案書にまとめます。

  • クリモト
    クリモト
    ここまでお読みいただきありがとうございました。

    あとがき

    イラストレーターは、お客様の要望を形にする仕事だと思っています。だからこそ、お客様の要望通りのものを提供できるように、提案スキルをどんどんアップさせていきたいと思います!そして、そんな実体験をブログで形に残せていけたらいいな^^
    よかったらまた覗きにきてください。

    それでは、また更新します。

    ABOUT ME
    クリモト
    |イラストレーター| 「伝えたい情報・想いをイラストでサポートしたい」通訳のような仕事をモットーにしているイラストレーターです。